【何事も、バランスの良さとスマートさが大事です】

今回紹介するのは、定番バスケット ”WALD” と ”NITTO” フロントラックとの組み合わせ。

正直、わざわざ組み合わせなくても、WALDのバスケットは純正ステー仕様でつけることもできるのですが、

なんとなく格好良くはない・・・。

↓こんな感じ


ズバリ言うと、

・バスケットの高さ位置の高さ(位置高めになってしまってアンバランス)

・バスケット底から伸びるアジャストステーがスマートではない

 

こういう理由で pop grumpy では純正ステーで付けるWALDバスケットをおすすめしていませんでした。

「そんなの気にならない!」なんて方もいるとは思いますが、

せっかくなら ” バランスよく、格好良く、安定感ある位置 ” に付けてほしくて。

NITTO フロントラックMー1を使えば、2〜4本の細いステーで重心低めの位置(タイヤに近い位置)にスマートにセット。

ゴチャゴチャ感なく tokyobike にはこんな付け方が似合うと思うんです。

 

WALD37 バスケット + NITTO M-1B フロントラック

¥15,400 ( 税別 )

 

 

【pop grumpy自転車ローン 24回までなら金利手数料 “無料”】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です