【パニアで行こう!暑い時期の自転車、少しでも快適に】

夏、7月、梅雨が明ければ夏本番。
毎年そうですが、8月一杯と9月の残暑、しばらく暑い日は続きますね。

 

そんな時期でも
日常の移動のため(通勤・買出しとか) 自転車に乗らないとならない方、案外多いんですよね。
自転車って生活の一部になりがち。

 

 

乗るのだったら、少しでも快適に、ストレスフリーに乗りましょう!
ということで、そうするためのオススメグッズあります。

そのひとつが「パニアバッグ(荷台に引っ掛けるバッグ)」

陽射し・気温・湿気、夏の不快の原因は多々ありますが、
パニアバッグを使えば、背中の蒸れからだいぶ解消されます。

 

背中が空くだけで
自転車に乗っている時、体に当たる風が背中まで回り込んでくれて
肩にかかる重さも無いから、とても楽。

 

要は荷物を背負わなければ良いので、もちろんポーターラック、フロントキャリアなんかでも◎

tokyobikeを始めとする、クロスバイク、スポーツバイクにはカゴを付けたく無い・似合わないって方もいるので
それなら荷台付けてバッグ引っ掛けましょう。

 

 

自転車に乗っている時は荷台に引っ掛けて
降りた時にはバックパックorショルダーバッグになる2WAY仕様なモノがオススメ。
pop grumpyで扱っているものは写真左から
MAKR  28,000円、 fairweather  18,500円、 ADEPT 8,000円

 

 

 

 

荷台はDixna クラウドキャリア( ¥6,600 )がオススメ。

ガッツリ何かを天板に積む、とかではなくて基本街乗りパニアならコレが良いです。

横幅6cmと細身だから、パニアバッグを付けていなくても
様になるといいますか、野暮ったくないシルエットなんです。

 

夏の暑さをきっかけにパニア使ってみてください。
実は夏だけじゃなくて、通年活躍するグッズです。

 

気温が暑いのは、正直どうしようもないので
より良く前向きに暑さと向き合って、楽しく自転車に乗って行きましょ!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です